Top / 台詞集 / ラズベリー
HTML convert time: 0.142 sec.

台詞集/ラズベリー

Last-modified: 2017-05-21 (日) 14:06:48

通常会話

初めまして

「あれ、あんただれ?(主人公)…か。ええ名前やなぁ。うち、ラズベリー言うねん。よろしく。」

挨拶


  • (主人公)、おはよう。調子はどない?」
    「おはようさん。(主人公)はいつも元気やなぁ…。」
    「おはよう。仕事、頑張りや。」

  • (主人公)は、今日もいそがしそうやね。」
    「あれ、(主人公)。今日はどこへお出かけ?」
    「こんにちは、(主人公)。仕事、頑張りや。」

  • 「こんばんは。…ん? まだ、仕事かいな?」
    「こんばんは。遅うまで頑張ってるなぁ。」
    「こんばんは、(主人公)。…もう、仕事は終わったんか?」

会話

  • 白(小花1つ)
    「ウマはレンタルやけどみんなよう働くし、良かったら連れて行ったって。」
  • (小花2つ)
    「うちの動物はみんな健康で元気なヤツばかりやで。
     みんなかわいいし、手放すのはいややけど良かったら買うていってな。」
  • (小花3つ)
    「動物と仲良くなるにはまず、スキンシップやな。もちろん、エサも忘れたらあかん…、それから自由に遊ばせる事や。」
  • (小花4つ)
    「ええ事教えてあげましょか?フクロウは山頂からどっちかの村まであんたを運んでくれんねん。…ほんま、便利やで。」
  • (小花5つ)
    「ええ事教えてあげましょか?ネコは仲良くなるとニワトリの放牧を手伝うてくれんねん。…ほんまやで。」
  • (小花5つ+大蕾)
    「ええ事教えてあげましょか?イヌは仲良くなると放牧を手伝うてくれんねん。大型犬はウシ、小型犬はヒツジやアルパカ、…ほんま、頼りになるで。」
  • (小花5つ+大花)
    (男主人公)
    (主人公)はうちの事、ようわかってくれてると思うねん。そやから、ずーっとこの村にいてほしいねん。お願いやから…。」
    (女主人公)
    「あんた、ほんまにええ人やね。うち、あんたと話してるとすごく幸せな気分になるねん。」

天候

  • 台風
    「こんな台風の日は家でじっとしとらなあかんで。」
  • 吹雪
    「今日はえらい雪やなぁ…。これはきっと積もるで…。雪だるまでも作ろかな…。」
  • 台風・吹雪の翌日
    「昨日はえらい天気やったなぁ。あんたんとこは大丈夫やった? …そうか、そら良かった。」

結婚後

  • ラズベリー以外と結婚
    「結婚生活はどう?うちにはわからへんけどきっと楽しいんやろなぁ。」

場所(条件)

  • 放牧地
    「毎日こうしてウマの様子を見に来てるねん。ウマって、きれいやろ。いつまで見ててもあきひんからなぁ…。」
  • 動物小屋
    「うち、ここにいると何となく落ち着くねん。」
    「あんたもここが好きなん?良かったら、ゆっくりしていってもええよ。」
  • ブルーベル村(休日)
    「今日は休みやから散歩してるねん。…って言っても、動物の事が気になるから、この辺をウロウロするだけやけどな。」
  • 休日(雨)
    「せっかくの休みやから外でブラブラしてるけど何かうっとうしい天気やね。」
  • シェ・グラニー(休日)
    「休みの日はいつも動物と遊んでるねん。あんたも毎日ペットと遊んでる?」
  • (祭りの日、主人公がこのはな村在住)
    「今日は(行事名)なんや。楽しみやなぁ~。」

  • (ワーキングボーイ)
    「ん…あんた、ええセンスしてるやん!うちもそんなデザインの服好きやねん。」

プレゼント

通常

  • 一番好き
    「あっ、うちの大好物のチャーハン! ありがとう! いただきま~す♪」
    好き
  • 好き
    「うち、そんなん好きやねん。もらってもええの? ありがとう、うれしいわ。」
  • 普通
    「…うちにくれるん? …ありがとう。」
  • 嫌い
    「それ、うちにくれるん? いらん…って言いたいとこやけどまあ、せっかくやから…。」
  • 一番嫌い
    「うち、焼きなすは大キライやねん。知らんかった?せっかくやから、もらっとくけど、今度から、気ぃつけてや。」
  • 2回目
    「…もう、今日は止めとくわ。そんなにもろたら悪いしな。」

誕生日

  • 一番好き
    「うわっ! おいしそうなチャーハン…! 誕生日のプレゼント?! そうか、ありがとう!! 大好物やからいただきま~す。」
  • 好き
    「ありがとう…。うちの誕生日、覚えていてくれたんやね…。うれしいな~♪」
  • 普通
    「それ…プレゼント…そうか! 今日はうちの誕生日やったな。覚えててくれたん? ありがとう、あんた、ええとこあるんやね。」
  • 嫌い
    「それ…プレゼント…そうか! 今日はうちの誕生日やったな。…そやけど…、うち、そういうの苦手やねん。今度から、気ぃつけてや。」
  • 一番嫌い
    「」

その他

  • 青い羽根
    「へぇ~それが青い羽根なんや。…ま、うちには関係ないわ。そやけど、そんなんもらえたらうれしいやろなぁ~。」
  • 牧場の動物
    「かわいいなぁ。うち、動物大好きやから…。…ほんま、かわいいわ。」
  • 道具等
    「…遠慮しとくわ。」

おつかい

通常

  • 報告
    「けいじ板を見て来てくれたんやな!ありがとう!!」
  • おつかいの条件を満たしている
    「さすがやな!確かに受け取ったわ♪」
    「おおー!これやこれ!ありがとう♪」
  • おつかいの条件を満たしていない
    「あれっ?たりんみたいやで?あわてんぼうやなぁ。ちゃーんと待っとくから、またあとで来てな!」
  • おつかいの品物を渡さない
    「あっ。なんか、たりんかったん?あわてんぼうやなぁ。待ったるからまたあとでな!」
  • お礼
    「ほな、確かに受け取ったわ!ほんまに、ありがとう!じゃあ、待ちに待ったお礼をあげる時間や!受け取ってくれる?」
  • おつかい達成
    「次は、自分でも頑張ってみるわ!でも、助けてくれてほんまにうれしかった!ありがとう!じゃあ、またな♪」

配達(受取人)

  • 報告
    「話しは聞いてるわ。待っててん。」
  • おつかいの品物を渡す
    「さすがやな!確かに受け取ったわ♪」
  • おつかい達成
    「ありがとう!ていねいな仕事で助かるわ~!じゃあ、またな。助かったって伝えといて!」

おつかい

  • スペシャル薬!
    「うちな…動物のお医者さんになりたいねん。動物はしゃべれへんやろ?やから、うちがかわりに気持ちを分かってあげて…。いつも元気でピカピカの目になるようにしてあげたい!それで、お父ちゃんにならって薬の勉強してんねん。あんなぐだぐだオヤジやけどなけっこうすごいねんで!…あっ!!うちが言うてたって言ったらあかんで!お父ちゃんが調子のってまうからな!」
  • スペシャルなエサ!
    「これさえあればとびっきりのエサが作れるわ!ほんでキリクのアホに…。ぎゃふん!!と、言わせたんねん!!なんてったって(牧場名)じるしやからな!失敗するわけないわ。」
  • よっきゅーふまん
    「むしょうにこれが食べたくなってな。でもそういうときにかぎって料理の材料がないねん!そうなると、よけいに今すぐ食べたい!ってなるんよ。あっ、分かってくれる?やっぱそうやんなぁ!」

デート

お誘い

  • 花1つ~
     
     
  • 花4つ~
     
     
  • 花5つ+大蕾以上~
    「なぁ、ちょっと時間ある?良かったら、一緒にお話しせえへん?」
    時間あるから、いいよ
    「じゃあ、どこ行く?」
    …今はいそがしいから
    「いや、いそがしかったらかまへんねん。ほな、また今度…。」
  • デートを断った後
    「今日は2人だけで、ゆっくりしゃべりたかったのになぁ…。」

嫉妬

  • 嫉妬中
    「あんた、うちになんか言う事ない?」
    ごめんなさい
    「…謝ってくれるんやったら…、…うん、ゆるしたるわ。」
    別に何もないよ
    「…ふーん。ほな、さいなら。」

料理について

  • (共通)
    「そういえば料理のレシピをひらめく才能がすごいって聞いたんだけど…。………………………。」
  • (少ない)
    「」
  • (まあまあ)
    「…まだまだみたいやな。いろいろ食材を組み合わせてみたら面白いかもしれへんな。」
  • (たくさん)
    「うわ~!ほんまにすごいやん!!めっちゃたくさん集めたんやな~!やっぱりあんたはすごい人やわ!」

魚について

  • (共通)
    「そういえば釣った魚を記録してるって聞いたんやけど…。………………………。」
  • (少ない)
    「」
  • (まあまあ)
    「ふ~ん。けっこう集まってるみたいやな。穴場とかも探せば、見つかるかもしれへんな!頑張ってな。」
  • (たくさん)
    「うわ~!すごいやん!!めっちゃたくさん集めたんやな~!やっぱりあんたはすごい人やわ!」

虫について

  • (共通)
    「そういえば虫を集めてるって聞いたんやけど…。………………………。」
  • (少ない)
    「」
  • (まあまあ)
    「」
  • (たくさん)
    「うわ~!すごいやん!!めっちゃたくさん集めたんやな~!やっぱりあんたはすごい人やわ!」

家畜について

  • (共通)
    「」
  • (少ない)
    「動物って良いよな!愛情を持って育てたら、必ず応えてくれるもん。あんたももっと、動物を飼えば楽しいと思うで!!」
  • (まあまあ)
    「」
  • (たくさん)
    「」

主人公について

  • 白(小花1つ)
    「」
  • (小花2つ)
    「」
  • (小花3つ)
    「」
  • (小花4つ)
    「」
  • (小花5つ)
    「」
  • (小花5つ+大蕾)
    「村のみんなはめっちゃ良い顔して笑うねん。(主人公)も村のみんなに負けへんくらい良い顔で笑うな♪」
  • (小花5つ+大花)
    「……………………。あの…………。もし良かったらやねんけど…。これからもうちの話しを聞いて欲しいねん。よろしく頼むわ!」

季節について


  • 「春はあったかくて良い季節やね。久しぶりにウマと一緒に遠出したいわ~。」
    「春はあったかくて良いな~!からだを動かすにもちょうど良い季節やね!」
    「さくらの花が、もうそろそろ満開やね!村のさくらは毎年めっちゃきれいに咲くんや。」
    「今年の夏は、暑くなりそうやね。むし暑くなる前に、牧場の掃除をしないとあかんわ~。」

  • 「夏は山に行って、みんなでキャンプ!みんなと一緒にわいわいするのって、めっちゃ楽しいわ!」
    「暑い時はいっぱい食べて、スタミナ付けへんとな。バテてしまったら仕事も辛くなってしまうで。」
    「暑い~っ!暑くて溶けてしまいそうやわ~。」
    「毎日暑いな!夏バテせんように、気ぃつけんとな!」

  • 「最近、朝晩が寒いな。風邪ひかんように、気ぃつけてな。」
    「すっかり秋やね~。食べ物もおいしいし…。…あかん。また太ってしまうわ。」
    「最近は、過ごしやすいな。ウマ達も、すごい元気やねん。」
    「」

  • 「毎日寒いな~。ちゃんとあったかい格好しないと風邪ひくで。」
    「寒いと毎朝起きるのが辛いな~。今日も寝過ごしてしまってん…。」
    「寒い日は、あったか~いスープでも飲んで温もりたいな!」
    「寒いっ。寒くて凍ってしまいそうやわ!」

天候について

  • 晴れ
    「天気が良いと、星空もきれいに見えるわ~。今日の夜は星空がきれいに見えたらいいな!」
    「天気が良い日は仕事がはかどって良いな~。」
    「晴れの日は良いで!ウマに乗って遠出するのが楽しいねん。今度うちと一緒に遠出してみる?」
    「天気の良い日は、家の中でじっとしてられへんわ。外でも出てパーっとしたくなるな。」

  • 「今日はよく降るな~。ウマ達も外に出たそうやったわ。」

  • 「雪って良いな!そういえば昔…。みんなで雪遊びしたのを、思い出すわ~。」
    「雪景色ってきれいやな。この季節しか見られへん特別なもんやな!」
    「ちょっと雪…。降りすぎちゃうか?あんまり降りすぎるのもどうかと思うわ…。」
    「よく降るな~。おまけに寒いし…。早く春にならへんかな…。」

場所について

  • (たきのそば)
    「なんかここ…。ちょっとうるさくない?」
    「あのさ…やっぱり、もう少し静かな場所の方が良くない?わがまま言って、ごめん……。」
  • (村はずれ)
    「この場所めっちゃ思い出があるわ。小さい頃、よくここでリアとおままごとをしてんで。なつかしい思い出や。」

住民について

  • グラニーについて
    「うちのお父ちゃんは何考えてるかわからへんときがあるけど…。いっつもうちの事を思ってくれてる良いお父ちゃんなんやで。」
    「この前、お父ちゃんに香水をもらってん。いつもそんなシャレた物くれへんのにビックリしたわ~。もう…。いきなり、何でやろ?ちょっとはずかしいけど今度使ってみるわ…。」
  • シェリルについて
    「シェリルは、ませてるけど素直な良い子やで。ちょっと兄好きすぎてビックリするところもあるけどな~。」
  • アイリンについて
    「アイリンさんは腕の立つ職人やで。うわさによると、アイリンさんにはすごい数の弟子がいるみたいやねん。やっぱり職人の中でもアイリンさんの腕にほれる人が多いねんな~。」
    「大工のアイリンさんには、よく馬小屋の屋根を、修理してもらうねん。腕の立つええ職人さんやで。…たまに屋根からクギが落ちてくるけどな…。」
  • ジェシカについて
    「ジェシカさんは女手ひとつで子育てと牧場の仕事をしてきた人なんや。ほんまにすごい人やで!!」
  • フーチョについて
    「フーチョは手強いわ!今までに5回しか、値切れた事がないねん…。ほんま手強いおじさんやわ。」
  • リアについて
    「うちは小さい頃、この村にやって来たんや。知らん人だらけの中で、一番に声をかけてくれたんが、リアやってん…。
    あの子は、ほんまに優しい子やで。」

その他

  • おしゃれ
    「リアにもっとおしゃれしろ~って言われるんやけど、(主人公)はどう思う?うちは、やっぱり…。はずかしいわ…。」
  • 料理
    「この前ジェシカさんに簡単なレシピをもらってん。今度やってみるから、(主人公)も、試食に付き合ってな!」
    「この前、お客さんから、シチューをもらってん。うち、シチュー好きやから、いっぱい食べてしまったわ~。」
    「最近、料理を始めてみてん。まだまだ下手やけど、リアみたいにうまく作れるように頑張るわ。」
    「この前、冷奴を作ってん。料理はちゃんと作れてんけど…。味がシンプルすぎてうちには合わへんかったわ~。」
  • ウマ
    「村のみんなもよくうちのウマを借りに来るねん。アイリンさんはよくウマから落ちそうになるから、ヒヤッとするわ~。」
    「村のみんなもよくうちのウマを借りに来るねん。ハワードさんはウマへのスキンシップが激しくて…この前、ウマにキスしてたわ。でも借りたウマをかわいがってくれるからすごいうれしいねん。」
    「知ってた? ウマって冬毛に生え変わるねんで。ストロベリーの冬毛もふわふわモコモコでめっちゃかわいいねん!」
    「あんた…。すごい男前やな…。……………………。って思わず言ってしまうくらいかっこいいウマを見たんや。やっぱり男前なウマはうっとりしてしまうわ~。」
  • 昔の話
    「小さい頃、みんなと一緒に馬小屋できもだめしをしてん。その時、うちとアーシュが悪ノリしてリアを馬小屋に閉じこめちゃってな。リアはもう忘れて覚えてへんみたいやけど…。あの時はめっちゃ泣いてて…ほんまに悪い事したわ…。」
  • ストロベリー
    「たまに愛馬のストロベリーと一緒に、遠出する事があるねん。ちょっとした家族旅行やね!!」
    「この前、ストロベリーと山を散歩しててん。そしたら前にゆっくり走ってるヤツがいて。おもいっきり抜かしてやったわ!そしたらむこうも必死で追いかけてきてバトルになってしまってん。いや~。久しぶりの熱いとうげバトルやったわ!…まあ当然うちとストロベリーがぶっちぎりやってんけどな!!」
  • 魚つかみ大会
    「村では毎年魚つかみ大会が開かれるねん。この前の大会は、アーシュにめずらしい魚を捕られてしまってん…。次は絶対めずらしい魚、つかまえるで~!」
  • 夢の話
    「あんたと…。あんたとずっとパートナーでいたいんや…。……………………。って知らんウマに言う夢を見たんや…。夢であってもうちにはストロベリーがおるのに…。やっぱりウマの事考えすぎなんやろか?」
    「あんたの事が好きなんや…。もうあんたとはなれたくない…。ずっとうちのそばにいて欲しいねん…。あかん……かな…?………………………。ってウマに話してる夢を見てん。さすがにここまで言うと、ウマバカすぎるなぁ。なんでこんな夢見たんやろう?うち最近、疲れてるんかな~?」
  • 笑顔
    「笑う事って良い事やな。みんなの笑顔を見てるとほんまにうれしくなるわ~。笑顔あるところに幸せあり。うちもそう思うわ~。」

お別れ

  • 好きな場所
    「今日はめっちゃ楽しかったわ。ありがとう!またいろいろ話そうな!」
  • 普通の場所
    「じゃあまたな!気ぃつけて帰ってや!」
  • 嫌いな場所
    「今日はもう帰るわ…。また良かったら遊ぼうな。」

恋愛イベント

1回目

「そういえば、(主人公)って、牧場主やねんな。牧場の仕事って、動物を育てたり、作物を植えたり…。とにかくめっちゃ、大変って聞いてるけど実際のところ、どーなん?」

けっこう大変…
「そ、そんなに大変なんか…。でも、(主人公)はそんな大変な仕事でも頑張ってるねんな。えらいわ!!」
「でも、そうやんな。うちだって動物の世話ひとつでめっちゃ大変やと思うもん。好きやから、大変とかそんなんへっちゃらやけど!」
「そうや!あんた、ウマは好き?」
「なら今度、うちのお気にいりのウマ見せたるわ!約束なっ♪」
「はーっ♪(主人公)とおるといろんな話し聞けてうれしいわ。またいろんな話し聞かせてな。じゃあな!」

楽勝だよ♪
「え、ほんまに?…それって、(主人公)ちゃんと仕事してるん?だって、いくら仕事になれてたって、動物や作物を世話するのが楽なはずないよ。うちだって、毎日動物の世話を手伝ってるけど…。動物の体調なんか、デリケートやから毎日のように気をくばらないとあかんし。作物やったら、やっぱり天気とかも気にしないとあかんのやろ?それやのに、楽勝…なんてちゃんと世話してたら言えへんのと違うかな?」
「あ、ごめんな!感じ方なんか、人それぞれやんな。うち、なんかえらそうな事言ってしもーたわ。さぁ、今日はなんか疲れたから帰ろっかな。じゃあね、(主人公)。」

2回目

「じゃじゃーん!これが、うちの愛馬ストロベリーや♪」
「ストロベリーはな、うちが5才の時に生まれたんやで。この子が生まれてから、うちらずーっと、一緒やねん。だから、うちとストロベリーのキズナは、だれにも負けへん♪だれにも………。」
「そう!! となりの村のあのバカ男にだって、絶対絶対負けへんねんから!!」
「あ、ごめん…。つい熱くなってもーたわ。山越えた向こうの村にもな、馬屋があるんやけど…。そこの馬屋の息子とは何かとインネンがあって、よくケンカするねん。この間も、うちのストロベリーよりも自分のウマの方がかわいいとか言って…。」
「ぜーったい!うちのストロベリーの方がかわいいもんっ!!…なっ!ストロベリー!!」

どーでもいいや
「え?ごめん、今何か言った?聞こえなか……あっ!!」
「ストロベリー!急にどないしたん!?こらっ、あかんて…っ!!」
「もう…何で急にあばれだしたりしたん?大人しくしてないとあかんよ。」
「ごめんな。何かこの子、こうふんしてるみたいやから、一回、小屋にもどすわ。じゃあね。(主人公)。」

うん、かわいいなぁ♪
「あれ、どうしたん?ストロベリー。何や、めっちゃ(主人公)になついてるやん?…もしかして、(主人公)って動物に好かれやすいタイプ?やっぱり、牧場主やからかな?すごいわ! (主人公)!」
「今日は、(主人公)を呼んで良かったわ。またストロベリーに会いに来てあげてな。この子もよろこぶと思うから♪」

3回目

「……あのな、(主人公)。うち、(主人公)にずっと聞きたかった事があるねん。」
「その…。うち、な。」
「うち…、変やない?」
「うちの、しゃべり方な。変やって思った事、ない?」

うん、変わってるね
「…やっぱり、そう思うんかぁ。」
「…うちな、ずっとここに住んでたんとちゃうねん。小さい時にこの村に越してきてそれまでは、親の仕事の都合でいろんな場所に住んでたんや。だから、そのいろんな場所の言葉がまざって…今みたいなしゃべり方になってもーた。」
「いろいろ伝わりづらいとは思うけど今からは、なおせへんし…。これも、うちの個性やと思ってくれるとうれしいな。」
「…今日は、それだけ聞きたかってん。じゃあ、うち帰るわ。またな。」

かわいいと思うよ
「…は?な、ななな何言うてんの。あんた、ネジどっかにとんで行ったんちゃう!?いややわ…もう。からかわんといて。」
「………もう。」
「…あのな。うち、ずっとここに住んでたんとちゃうねん。小さい時にこの村に越してきてそれまでは、親の仕事の都合でいろんな場所に住んでたんや。だから、そのいろんな場所の言葉がまざって…今みたいなしゃべり方になってもーた。」
「昔は、この話し方のせいで相手に言ってる事が伝わらんくてこまったわ。(主人公)は、うちのしゃべり方について、いつも何も言わんけど…。でも、どう思ってんのかずっと聞きたくて。それで今日聞いてみたんや。けど………。」
「ま、まさか、かわいいって言われるとは、思わんかったわ…。…あんたの言葉っていつもどっか予想外やのよね。」
「でも、うちの言ってる事伝わってるみたいで良かった。(主人公)はうちの大切な友達やし…。うちの言ってる事、全部ちゃんとわかってほしいから。」
「な、なんやはずかしいわ。この話しは、やめやめ!時間も遅いし、そろそろ帰ろか!!」
「…牧場仕事いそがしいと思うけど、時間ができたらまた、遊んだって。それじゃ!」

4回目

「…そういえば、最近、うち、料理にはまってるねん!」
「お菓子は、昔からリアと一緒によく作ってたからけっこう自信あるねんけどな。ご飯は、あんまり得意じゃなくて…作るのはできるだけさけてたんや。でも、最近それじゃああかんかなって思ってて…。」
「…な、何でもない!!」
「そうや!!今から、山へピクニックに行かへん?うち、めっちゃおいしいおにぎり作って行くわ!」
「よっしゃ!そうと決まったら、さっそく準備せなあかんな!(主人公)は先に山頂で待っててくれる?準備できたら、すぐ行くわ。」

「お待たせ、(主人公)!ごめんな、思ったより時間かかってもーた。じゃじゃーん!これが、ラズベリー特製おにぎりやで!食べてみて♪」
「…ど、どう?」

おいしい!!
「良かった~♪…はあ。安心したら、うちもおなかへってきたわ。食べよ~っと!」
「………うっ!?何これ、めっちゃ甘いー!!」
「いつもお菓子つくる調子でさとういれてもーたんやわ!!おいしいなんて、ウソついて…気ぃつかってくれてたん?ごめんな、ごめんな!うち、ほんまにご飯作るのめっちゃ下手やねん…!おにぎりくらい作れるって思っとったのに、それも失敗するやなんて…。ああ、もう。なんでうちってこんなんなんやろ!」
「…うぅ。ありがとう、あんたほんまに優しいな」
「よし! 決めた!!うち、今日から動物の事だけじゃなくて、料理の事も勉強する!!」
「あのな。それで、だから…その…うち頑張るから…。」
「い、いつか、その…あんたのお嫁さんに…っ!」
???
「お~~~いっ!!」
グラニー
「やーっと見つけた!!おまえに預けていた馬具、お客さんが見てみたいそうなんだが…。どこにあるか、わからなくてな…。」
ラズベリー
「お、お父ちゃんの…。」
ラズベリー
「お父ちゃんの……バカーーーーーー!!!!!」
グラニー
「あっ!?おい、ラズベリー!!馬具はっ!?馬具は、どこにあるんだ!?どこに行くんだ、ラズベリー!」
グラニー
「な、何が何だかわからないが、とりあえずオレは娘を追いかけるよ。話し中、ジャマしてしまったみたいで、悪かったな…。それじゃあ失礼するよ。」
グラニー
「おーい!待て、ラズベリー!!」

変な味がする…
「え!?そんなはずないて!!…ひどいわ、(主人公)。うち、せっかく一生懸命作ったのに…。」
「………っ。」

プロポーズ〜結婚

プロポーズ

  • プロポーズ
    「うわっ…青い羽根!?うちにくれるのん…?…とりあえず、どっかでゆっくり…落ち着いて話しせなあかんな…。」
     
    「なんか…夢みたいや…うちが、(主人公)青い羽根もらえるやなんて…。」
    「うち、ほんまにうれしい。うちもずっと、(主人公)の事が好きやったんよ…。」
    「フフッ、さっそくお父ちゃんに報告しに行かんとな!!付いて来てくれる?(主人公)。」
     
    グラニー
    「良かったじゃないか、ラズベリー!そうか。とうとう、ラズベリーも結婚する時が来たか…。この間まで、まだまだ小さい子供だとばかり思っていたんだがなぁ…。めでたいが、やっぱりさびしい気もするよ。」
    ラズベリー
    「何言ってんの、お父ちゃん。結婚したって、遠くに行くわけじゃないねんから!いつでも会いに来るやん!」
    グラニー
    「ああ、そうだな!…それで、結婚式はいつにするんだ?」
    ラズベリー
    「1週間後くらいにしようって話してるとこ。な、(主人公)♪」
    グラニー
    「そうか!それは楽しみだな!結婚式の日は、朝からいそがしいだろう。仕事や用事は、くれぐれも前日にやっておいた方が良いぞ。」
    グラニー
    「…(主人公)。ラズベリーの事、よろしく頼むよ。この子はこう見えて、さびしがりやだからな。大切にしてやってくれ。」
    ラズベリー
    「お父ちゃん…ありがとう。」
  • 婚約中
    「うち、もうすぐ結婚するんやなぁ…。結婚したら奥さんかぁ…。 …何や、はずかしいわ。」
    「うち、結婚したらあんたの事、ダーリンて呼ぼうかな…?…えっ、似合わんって?もぉ、放っといて!」
    「うちが結婚したらお父ちゃん1人になるけど…さみしがるやろなぁ~。」

結婚式

  • 結婚式
    「…うん、誓うわ。」
    (主人公)…どうしよう。うち、幸せすぎて死んじゃいそうや…。」
  • 結婚式後
    「今日から、うちら2人の新しい生活がはじまるんやね。」
    「…その、せっかくやから新しい呼び方に変えへん?うちの事は、ラズベリーで!(主人公)の事は、何て呼んだらえぇかな?」
    (主人公)。…これでいい?」
    「それじゃあ、これで決まりやな♪ これから、よろしくな。……(主人公)。」

結婚後

挨拶


  • (主人公)、おはようさん。さあ、今日も1日、頑張ろな♪」
    「おはよう♪ …元気そうやね。」
    「おはようー!昨日はよう眠れた?」

  • 「あれ、(主人公)。今日は仕事お休みなん?」
    (主人公)、どうしたん?もう、お昼を回ってるけど…。」
    「あれ、(主人公)。もうお昼やけど…。」

  • (主人公)、…もう夜やね…。」
    「今日は全然しゃべってへんけどいそがしかったん?」
    「あらら、もうこんな時間や。1日はあっと言う間やなぁ…。」

会話

  • 自宅

    • 「毎日こうして、あんたと一緒にいられるなんてうち、ほんまに幸せやわ。」

    • (主人公)はいつもお仕事頑張ってくれてるけどからだには気ぃつけてや。しんどかったらゆっくり休んだ方がええよ。」

    • 「朝、早いんやから早く寝ましょ…。うちはあんたが寝た後休むから、気にせんといて。」
  • 台風
  • 吹雪
  • 台風・吹雪の翌日

プレゼント

  • 一番好き
    「へーぇ、…うちのために?うちの好み…覚えててくれたんやね。ありがとう。」
  • 好き
    「うち、そんなん好きやねん。もらってもええの?ありがとう、うれしいわ。」
  • 普通
    「…うちにくれるん?…ありがとう。」
  • 嫌い
    「それ、うちにくれるん?いらん…って言いたいとこやけどまあ、せっかくやから…。」
  • 一番嫌い
    「…それ、うちに?うち、焼きなすはキライやねん。結婚したんやしそろそろ覚えといてほしいな。」
  • 2回目
    「…もう、今日は止めとくわ。そんなにもろたら悪いしな。」

デート

  • お誘い
     
     

嫉妬

  • 嫉妬中
     
     

結婚後イベント

  • 主人公の誕生日
  • の誕生日
  • 結婚記念日

妊娠〜出産

  • 妊娠
  • 妊娠中
    • 初期
    • 中期
    • 後期

出産後

行事

  • 行事不参加

料理大会

  • 料理大会後
    • (出場・勝ち)
      「おめでとう!(主人公)。あんたの料理、ほんま、おいしそうやったわ。」
      「今日の料理大会はよう頑張ったなぁ…。おかげでこの村が勝ったんやもんね…。」
      「今日の料理大会は楽しかったなぁ…。やっぱり、この村の料理は最高なんやわ♪」
  • (出場・負け)
    「今日の料理大会は残念やったなぁ。この次は頑張ろな。」
  • (応援)
    「今日の料理大会は楽しかったなぁ~! 次はあんたも料理作って参加してな。期待してるで。」
  • (不参加)
    「…今日の料理大会、(主人公)は出てへんかったらしいね。みんなさみしがってたよ。」
  • (主人公がこのはな村在住)
    「次の料理大会はこの村でうちと一緒に出場しような♪」

動物祭

  • (優勝)
    「動物祭、優勝おめでとう!うちもうれしいわ。」
    「やっぱり(牧場名)はいい牧場なんやね。この村で優勝するんやから…。」
    「今日は優勝おめでとう!(主人公)の育てた(動物)は最高やわ。」
  • (2位以下)

春の感謝祭

  • チョコ系デザートを渡す
    「わっ、おいしそうなお菓子!…感謝祭のプレゼント?…今日はそういう日なんや。ありがとう…ほな、喜んでいただきま~す。」

魚つかみ大会

  • 魚つかみ大会後
    • 優勝
    • ランク外

花の日

  • 花をプレゼントする
    「きれいな花やね。うちにくれるの? …花の日のプレゼントね。ありがとう。」

天体鑑賞

音楽祭

「みんなが集まってワイワイやるのって、ほんま、楽しいわ。」
「今日の音楽祭、めっちゃ楽しかったな♪」
「今日は楽しかったなぁ。さあ、明日からまた頑張らんと!」

かぼちゃ祭り

星夜祭

  • お誘い
    「なあ、(主人公)。明日の星夜祭やけど…、一緒に行かへん?」
    …うん、一緒に行こう
    「ほんまに!?ありがとう! うれしいわ♪ほな明日、役場で20時に…。楽しみにしてるで♪」
    いや、やめとくよ
    「…あ、そう。いや、別にええねん…。」
  • 約束後
    「明日の星夜祭、楽しみやなぁ~。」

カウントダウン

  • 開始前
    「今日はカウントダウンの日や。楽しみやなぁ…。」